豆知識
2021/04/27

かんたんに始められるから習慣にしやすい! 自宅でできるチェアヨガストレッチ動画【上半身編】

1
季節は冬から春へ。過ごしやすい時期になってきました。ところがいまは外出を控え、家で過ごす要介護者は少なくありません。そこで気になるのは運動不足ですが、ストレッチを日常生活に取り入れると、解消にひと役買います。今回も、シニア向けにパーソナルヨガやイスを使うチェアヨガをレクチャーする青木美穂さんに、自宅でできるかんたんなヨガストレッチを教えてもらいました。

呼吸が変わると心身にハリが生まれる

青木さんが紹介するのは、イスを使った簡単なヨガストレッチ。ポイントは次の3つです。

①無理をしないで体調が悪いときは休む
こまめに水分補給をしながら行う
呼吸を意識しながら行う
 

決して無理をしないこと。ひとつのヨガストレッチは1~2分程度で行い、慣れるに従い時間や回数を増やしましょう。イスではなく車いすを使っても構いません。これからは気温が上がり汗をかきやすくなるので、水分補給もしっかりしましょう。
 
「さらに大事なのは、呼吸を意識することです。呼吸が整うと血圧や気持ちが安定し、深い呼吸は免疫力や代謝アップにもつながります」

  
青木美穂さん
ZEROGYMインストラクター/ヨガインストラクター/シニアヨガインストラクター
大学卒業後、福祉関係に就職して介護業務に従事し、その後は不動産関係の会社に転職。多忙な業務で心身のバランスを崩したもののヨガで気持ちが前向きになり、インストラクターへの転身を決意。インドへのヨガ留学を経て、現在は疲労回復専用ジムZEROGYMのインストラクターとして活躍。高齢者を対象としたパーソナルヨガ、チェアヨガ講師としても活動しています。

今回は、ヨガチェアから上半身のストレッチ2種類を動画で紹介します。
 
チェアヨガストレッチ① 

ネコのポーズ(背骨のストレッチ)ver.2

 
◎以前も紹介したネコのポーズの動きを少しバージョンアップ!
◎背骨をほぐして猫背改善、肩こり・腰痛。ひざの痛み、誤嚥を予防
 
 
◎ポイント
凝り固まった背中、胸、肩、肩回りを柔らかくほぐし、深い呼吸ができるように。イスの背と背中の間にクッションを入れると、上半身が伸びやすくなります。
 
チェアヨガストレッチ② 

女神のポーズ(肩回りのストレッチ)

 
◎胸を大きく開き肩回りをほぐすストレッチ
◎肩こり改善、肩甲骨周りの柔軟性アップ、猫背改善
 
 
◎ポイント
肩回りが柔らかくなると肺に酸素を送りやすくなり、深い呼吸がしやすくなります。繰り返し行いましょう。
 
かんたんだから長続きしやすい
 
ヨガストレッチは習慣化することで呼吸が整い、健康づくりのプラスになります。さっそく動画を参考にトライしてください。シンプルな動きなので、始めやすいと思います。ただし、身体に負担を感じたら、それ以上は無理をしないでください。次回は下半身を使うヨガストレッチを紹介します。お楽しみに!
1件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 動画動きが分かりやすくって良いですね!
    少し聞き取りづらい箇所も文字で説明がなされているので助かります。
    今は夜ですので、明日から夫婦の体操タイムに取り入れたいと思います。
投稿の報告
「けあのわ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる